治療の流れ

インプラント治療を行う流れをご紹介します

インプラント治療を行う流れをご紹介します

インプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込むインプラント治療では外科的な手術を必要とすることもあり、その治療内容に不安を抱かれている患者様も多いようです。千葉市・稲毛駅徒歩1分の歯医者「鈴木歯科稲毛インプラントセンター」では、そういった患者様のご不安をできる限り軽減し、安心して治療を受けていただけるよう努めております。

インプラント治療には患者様のご状況に応じたさまざまな治療法がありますが、ここでは当院で行っている一般的なインプラント治療について、その流れをご説明しております。

カウンセリング

カウンセリング

インプラント治療をご希望の患者様から、まずはしっかりとお話をお聞きし、その上で治療の概要や治療の条件、リスクに関するご説明などをさせていただきます。カウンセリングは無料で承っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

精密検査

精密検査

歯科用CTなどを使用した精密検査を行い、歯や顎の骨、歯周組織の状態、神経や血管の位置などを確認します。

治療計画のご提案

治療計画のご提案

精密検査の結果、さらに歯科医師の診断結果をご説明し、治療計画をご提案させていただきます。インプラント治療が患者様に適した治療法であると判断し、さらに患者様が治療計画に納得されてはじめて、治療開始となります。

クリーニング・初期治療

クリーニング・初期治療

インプラント治療に入る前に、まずは口腔内のクリーニング、虫歯・歯周病などの初期治療を行います。歯やその周辺の汚れ・歯石を除去(クリーニング)し、虫歯や歯周病があれば、優先して治療を行います。

インプラント埋入手術

インプラント埋入手術

人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込むための手術です。歯肉を切開して、顎の骨を露出させ、インプラントを埋入します。通常は局所麻酔で行いますが、痛みに対して恐怖心がある方などは、静脈内鎮静法も併用する治療も可能ですので、ご相談ください。手術は短時間で終わりますので、入院の必要はありません。

人工歯装着

人工歯装着

顎の骨がインプラントとしっかり結合したことが確認できたら、人工歯を装着します。インプラントの種類によっては、インプラントと人工歯との間に連結部を取り付ける場合もあります。

※インプラントと顎の骨が結合するまでの期間には個人差があり、3~6ヶ月が目安です。

メンテナンス

メンテナンス

インプラント治療後は、「インプラント周囲炎」という病気が起こりやすくなります。これは歯周病に似た病気で、進行するとインプラントの脱落につながる場合があります。インプラント治療後はメンテナンスのため、定期的にご来院ください。

治療後のメンテナンスにつきましては こちらからご確認ください

Copyright © Suzuki Dental Clinic. All rights reserved.